FC2ブログ

丸尾焼窯元日記

熊本県天草市にある丸尾焼という窯元の窯元日記です。陶芸に興味のある方はチェックすると面白いかも・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

時分の花

 私が能楽師や舞踏家を凄いと思う理由の一番の理由は、身体表現のみで世を過ごすという、処世のあり方が潔いからだ。私の仕事はモノを作りモノと金銭を交換することで成り立っている。私たちは物を売ることによって仕事が循環していることになるが、彼らは感動を売ることによって生活が成り立っているのだ。もちろん、それが出来る人は限られていることだろう。舞踏家の全ての人が踊ることにより、生活が成り立っているとは思わない。他の仕事をしつつ、舞踏に向き合っている人もいるだろうし、なかには仕事としては成立していない人もいる。しかし、そういう人達は舞踏家といえるのかどうかもわからないわけで、踊ることを職業としている人は、相当な修練を積まなければ、生活が成り立つと思えない。

 能楽師は子供の頃から修業を積んでいく。3歳になる前から謡の稽古を始めると聞いている。20を過ぎる頃にはおよそ200といわれる謡を、頭のなかに叩きこむそうだ。素養と呼べばいいのだろうか。この素養をもって一生能楽と向き合うのが、能楽師の人生なのだと思う。私の師である狩野了一師も、3歳になる前から能楽師の道を歩き始めた人だ。世阿弥の風姿花伝に『幼い時は思うようにさせろ』という言葉がある。あまりいじり回すとダメだということだろう。良い悪いではなく伸び伸びと育てるほうが良いという意味のようだ。能楽師はおよそ700年の歴史があり、その歴史のなかには、今でも語り継がれる舞手が居る、録画する装置もないのに、今でも語り継がれるのだから、壮絶な舞だったに違いない。能楽師の頭のなかには、時代を共有する人達も存在するだろうが、過去を見れば素晴らしい人達がたくさん存在している。恐らく打ちひしがれるほどの存在がたくさん存在しているのだと思う。

 時分の花・・・その時々の時分にはそれぞれの花が存在している。若い時には若いなりの、年をとったら年をとったなりの花がある。年をとった能楽師は、袴の裏を介添えの人に持ち上げてもらい、やっと立ち上がるような人でも能を演じる場合がある。舞台の後ろには後見と言われる人が居て、もし、老いた能楽師が途中で倒れた時には、後見がその後の舞を舞うということもあるらしい。介添えの人が居なくては立てないような人が、素晴らしい舞を演じることは珍しいことではない。時分、時分に花があり、そこさえ確かに見極めれば、最後まで人を感動させる舞を演じることが出来るのだろう。私はこの能楽のシステムに感動さえ覚えることがある。3歳に満たない子供の頃から初め、立つことさえ困難になるまで、時分という言葉で全てが成立するように作られているからだ。

 舞踏と能楽の違い。それはこの辺りにあるのではないか。著名な舞踏家が引退するというニュースを聞くことは多い。その人達が口にするのは一様に『最高の舞台を見せることができなくなった』という言葉である。この言葉には時分の花のようなニュアンスは存在しない。もちろん、著名な舞踏家はその後は、後進を指導することになるのだろうが、それは表舞台を離れることを意味している。日本の場合。年を取ることによって更に高みに行くというような感覚がある。巨匠と言われる人達は・・・時に80を超えている場合もある。美術系のアーティストの場合は西洋も高齢で活躍する人が多いが、日本のほうが門戸が広いようにも思える。その根源は何処にあるのだろうか?文化の違いなのか、技に対する認識の違いなのか。考えてみたい。

| 生きること | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

42LのRIMOWA

 久しぶりに旅行カバンを購入。妻が東京に出掛けたのだが、帰ってくるなり旅行カバンが使いにくかったということで、丁度良いサイズのカバンをネットで検索し注文したのだ。ネット購入の一番の問題点はサイズ感が判りにくいこと。写真で見て注文し大きさが思っていたものとは違う場合も多い。いまメインで使っているものは70リットルサイズのRIMOWAで・・・2、3日の旅行にはちょっと大きいくらいのサイズだ。今回購入したものは同じくRIMOWAの42リットルサイズ。3日くらいまでの旅行にはちょうどよいサイズだと思う。私の場合1泊2日の外出が一番多いが、その場合は殆ど旅行カバンを使うことはない。1泊2日は荷物が多い時でもトートーバックを使うことがほとんどだ。旅に出る時に大きな荷物は極力持ちたくないので、できるだけ小さなものをと心がけている。最近は荷物は宅急便で送ることも多くなり、大きな旅行カバンは不要なものになりつつある。実際に今回妻は旅行カバンごと天草に送っているが、少しの距離であっても持ち運ぶことを考えると、大きさが気になったのだろう。

 旅行カバンはなるべく小さなものと、今回新しいカバンを購入したが、私は時々身の回り・・・何不自由なくと考えることもある。車で移動する時などは、フルセットで準備することもあったりする。旅で一番かさばるのは靴。靴をどこに収納するかは大きな課題だ。靴は思いの外・・・場所を取るし、分別して包装しなければならないので、悩ましい状況に陥ることが多い。旅の途中で買い物などをすると、靴だけは袋に詰めてカバンに下げるという醜い状態になったりする。そう考えれば、快適な旅に至るには、カバンの選択はとても重要な事柄になってくる。電脳に関しては最近はとてもコンパクトになっているので、嵩張るということは殆ど無い。以前は3キロ程度のノートブックを持ち歩いたが、私がいま常用していYOGA8は400㌘。最近使い始めたChromebookは800㌘程度。コンセントも小さいので持ち運びは苦にならない。普段持ち歩く常用のカバンはA5サイズ。このカバンに何もかもつめ込むというのが、今の私のスタイルなので、そういう点では小さなパッケージを常に心がけている。

 鞄の大きさまで荷物が増える・・・という法則が私の場合、存在している。日常使うカバンに関してはその法則が顕著で、当初、少し大きいと思って購入したカバンが、半年後にはパンパンになってしまう。ディユースのカバンは常に持ち運ぶことを前提としているので、体力に不安のある私は、軽くて小さなカバンを購入することが多い。カバンの必須条件は、万が一漂流しても困らないような装備。私がそういうと笑う人も多いが、実際に漂流しても3日間程度であれば困らないような装備を日用のカバンに忍ばせている。電脳系と夜の照明・・・それからライフツール。3日間は1晩の延長にすぎないので、何処かへ行った時に・・・一晩困らない装備を常に持っていれば、あとの二日間は携帯用の充電器さえ持っていればなんとかなる。私がモバイルに拘る理由は、トムソーヤの冒険につながっているのかもしれない。もっともカバンを持っているという前提が外れた時・・・それでもなんとかなるようにと考えているのが、スマートフォンと財布のみで生き延びるということ。

 カバンを持って外に出ることが多いが、それさえ面倒なときもある。そんな時はスマートフォンと小さな財布でも不自由しないという体制を作っている。考えてみると、スマートフォンさえ持っていれば、誰とでも連絡はつくし、メールも送受信ができる。クレジットカードの代用もできるし、ホテルの予約だって出来る。スマートフォンにあと一つ小さな財布さえ持っていれば、多少面倒だがほぼすべての問題をクリアーできる。私は小さな財布に免許証とカード、それから1万円札を一枚入れていて、その財布は鎖で私のズボンとつながっている。この2つさえ失くさなければ、世の中で窮地に立つことは殆ど無い。カバンは旅の快適を約束するためのツールだが、大きさがとても重要な要素となる。小さいかばんでも集約度を高めれば、あまり不自由は感じなくなるだろう。カバンさえ持つことが億劫ならば、スマートフォンと小さな財布で事足りる。今はコンビニに行けばシャツもパンツも売っているし、ホテルにはWi-Fiが飛んでいる。いずれにしても私が思うのは窮地に陥らないことであり、そのための備えがカバンであったり、バックであったり、財布であったりする。備えあれば憂いなし。人から大げさと言われたりするのだが・・・私は身嗜みだと考えている。

| 生きること | 16:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「身一つ」という思想

 能楽で古くからいわれている言葉がある。「身一つ」という言葉だ。能楽は哲学に近いと私は考えているので、能楽の先達たちが口伝として残してきた言葉や、風姿花伝のように書かれたものを読んだりするが、その中でも身一つという言葉にとても強く惹かれる。能楽はとても格式の高い舞楽だ。決められた大きさの舞台に4本柱。そこで演じられる幽玄であり華麗な舞は、神々しくさえあるが、能楽の凄さは必ずしも格式のみを重んずるわけではないことだ。仕手、脇、連れ等・・・演者は別けられるが、彼らは常に演者ではなく、時には謡を担当したりする。謡は全体を構成する調べとなり、重要な要素ではあるが主役ではない。昨日、仕手を演じた人が、次の時は謡にまわることが普通だ。舞台も時には格式から離れた場所で開かれることもある。例えば古には戦場で舞われたことも多く、臨機応変が尊ばれたりもする。

 臨機応変を行うためには、それに見合った技術のインプットがなされている必要がある。物心付いた時から謡を覚え、所作を身に着け。。。厳しい修練を積む。小さい時には、あまりいじらずに思いのままにさせておく。時分の花・・・それぞれの年代には、時々の花があるという意味だ。小さい時にあまりいじりすぎると怖気が出てしまい、うまく成長しない。基礎は教えながらも伸び伸びと演じさせよということだろう。700年といわれる能楽の歴史上には、今でも語り継がれる演者が存在する。そのような厚い歴史に対して常に意識を保ちながら、能楽師として生きていくわけだから、我々が想像すらできない厳しい世界があるに違いない。日本にはそのような深い価値観の上に成立している世界が、明確に残っている。

 能楽師が立っている世界を支えているものが「身一つ」という考え方だ。舞台の上では身一つ。それ故にすべてのことに対して準備しなければならない。準備する主体は身一つ。つまりその人なのだ。舞台の上では身一つ。ならば・・・それ以外の場所でも身一つだろう。この考え方が能楽が長い時間継続してきた、一番の理由だと私は感じている。能楽は格式の高いものだと書いた。しかし、能楽は様式にとらわれ過ぎない。その根本にあるのが。。。身一つという覚悟ではないのか。能楽は武士階級に大事にされた。庶民の舞楽とは切り離されて考えられていた。その一番の理由は、能楽の身一つという思想ゆえだったのではないかと私は感じている。舞台に立っただけで、その人のすべてがわかる・・・能楽とはそういうものだと私は思っている。

 能楽は最終的には個の問題に帰結するのではないか。日本は集団というイメージが強いが、物事を切り開く本質は個なのだと思う。個が際立たなければ集の力を統合することはできない。江戸期の武士たちが考えた理想は、やはり個の力を高めるということだったと思う。その本質は何かと問われると、私は「身一つ」だと思う。その導は能楽にあったのではないか。民主主義の世の中。みんなで考えることが大切にされるが、今の時代に最も重要なことは個の強靭さではないか。その系譜の始まりに能楽は位置すると私は考えている。舞台に立てば身一つ。人と接する時も身一つ。生きるに際しても身一つ。今の日本に必要なことはこんな考え方ではないかと感じている。

| 生きること | 13:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

会議と酒の愉しみ。祖父を思い出す。

 天草大陶磁器展まであと2ヶ月と少々・・・今日は陶磁器展関連の会議を3連チャンで行い、一通りの骨格が出来上がった。例年と比べて早い仕上がりではないかと、事務局に話をしたら・・・随分、余裕がありますねと言われた。私は何処まで仕上がっているかということを、中心として考える人間なので、今の段階でここまで出来ていれば準備は整いつつ有ると判断するが、事務局にとって・・・これから色々と煩雑な仕事が待ち受けているのだろう・・・まだまだという認識が強いのかもしれない。これからも週に一度のペースで事務局会議を行う予定なので、あと8回事務局との話し合いはあるが、その度に修正を加えていけば、大慌てすることなく準備ができるのではないか。実行委員長としては順調な展開だと思っている。

 仕事場は午前中は凌げるような暑さになりつつあるが、午後からはとんでもない熱波が襲いかかってきている。エア・コンを入れる入れないで揉めるので、午前中は我慢して、午後一からエア・コンを入れるという作法が出来始めている。今日は午後1時より事前チラシのデザイン会議。2時から会場の配置の会議。午後3時から事務局会議。と話すことの連続だったので、夕方にはなんだかぐったりとしてしまった。会議の成果は最初に書いたように私的には満足できる出来高で、安堵しているが、外に出た時に感じる熱風に、本当にゲンナリしてしまう。残暑という言葉がピッタリの状況で、この暑さの先の秋の訪れが待ち通しい限りだ。

 今日は集中して話をしたので、夕刻になった途端・・・かなり疲れていた。疲れた時には腰に来る。この疲れを癒やすことができるのは、旨い酒以外にはないと勝手に思い込んでいる。天草ではダル止みというが、今日のような疲れを取り去るためには、やはり・・・酒が一番だと思う。旨い酒と海の幸があれば、気持ちがとてもリラックスしてくる。酒を飲んで体の力を抜くことが、一番疲れを取り除いてくれる。すっきりと冷えた部屋で・・・旨い酒を飲みながら、天草の美味しいものを肴にして、まったりと時の過ぎていくことを楽しむ。今日はそんな夕餉を楽しみたい。一日頑張ったのだから、せめてものご褒美だと・・・自分に言い聞かせながら、何を飲もうかと思案しているところだ。もっとも私は腰を据えて飲む方なので、私と付き合いたい人はあまりいない。家族の同席は皆無だ・・・一人酒を飲みながら寂しい人生だと思ったりする。

 私の祖父は毎日庭を眺めながら夕食をするのが日課だった。一の膳、二の膳があり、魚の尾頭付きと刺し身。。。それから2合の酒を呑むことを無常の愉しみとしていた。花鳥風月。季節の移ろいを感じながら、一日を終える。小さい頃には判らなかったが、祖父のことを思い返してみると、風流な時の過ごし方をした人だったと思う。私自身が、夕方から日が暮れるまで・・・庭を眺めながら時を過ごすことに、憧憬さえ感じる年頃になったのかもしれない。私はこれからの12年間。一干支の時間が私にとって・・・とても重要な時間だと考えている。この時間を楽しみながら如何に過ごすかが、私の人生を左右するのだろう。生きることの愉しみも、自分の出来高もこの12年にかかっていると思い始めている。酒の一杯から始まる愉しみと・・・議論を経ての行為。ここが切所なのかもしれない。 

| 生きること | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏の終わり。

 夏が終わろうとしている。子供の頃からこの時期は夏に対して惜別の気持ちが募ってくる時期だった。もっともその頃の惜別の情は、夏に対するというよりも、夏休みに対しての惜別で、終わらない宿題に対しての焦りが半ば以上気持ちを支配していた。今考えると・・・なぜあの程度の宿題をしなかったのか、その理由が今ひとつはっきりしない。おそらく夏休みは終わることなく永遠と続くと認識していたのかもしれない。今日しなかったことは、明日もしない。なぜなら夏休みは永遠に終わらないのだから。当時の私の認識はその程度だったのだろう。それは小学校時代のみの思いではなく、私の人生に対する一つの漠とした想いかもしれない。少年老い易く学成り難し。この言葉が私に襲いかかってくるのは、怠惰な私だから仕方ないかもしれないが、夏の終わりの憂鬱と・・・怠惰な私の憂鬱は同じ所から湧き出ているのだと思う。

 この夏。私はかなり酒を飲んで過ごした。私は酒を呑む時期と飲まない時期があり、今は酒を呑む時期だ。もっとも大酒飲みではないので、ワインならボトル半分くらい。日本酒ならば3合。焼酎だとコップ1杯位が適度な酒量だ。酔っ払うと眠くなる酒で、私の場合酒を呑むことは早く眠ることを意味する。今年の夏かなり酒を飲んだということは、早く寝続けたこととほとんど同義となる。以前は早く寝ると・・・そのまま朝まで起きることなく寝ていた。早く寝てしまうことが嫌で酒を呑むことを控えたり、また飲むことを繰り返していたが、今年の夏は早く寝てしまっても、夜中の3時位には目が覚めて、それから正気の時間を手に入れることが出来るようになった。酒を飲んで10時位にベッドに入り、夜中の3時に起き・・・比較的正気で物事を考える。今年発見した時の過ごし方だ。

 タバコをやめ電子タバコに変えたことも今年の夏のエポックかもしれない。私はヘビースモーカーで階段を登るくらいで息が切れていたが、電子タバコに変えてからは、ほとんどそういう状態がなくなった。電子タバコもタバコに変わりないが、タール分を含まないので体調が良くなっているのだろう。当初使い始めた時はタバコの量が減るかもしれないと思っていたが、実際にはタバコを吸う事自体がなくなった。おそらく電子タバコにもニコチンは含まれているので、ニコチンを欲しいと思わなくなり、タバコを吸いたいという欲求が抑えられているのだと思う。今年の夏の私は毎日酒を飲み、早く寝て早く起き・・・何かを考えながら時を過ごし、タバコをやめ電子タバコを吸うようになった・・・少しだけ健康になった夏だったかもしれない。

 一人になって考えること。。。それは贅沢な時間だと思う。自分が何処から来て今何処にいて・・・今から何処に行こうとしているのかを、じっくり考えることが出来るからだ。それは自分が何者かというテーマにも直接的に繋がっている。大げさに言えば・・・人が生きることは、自分が何者かを問い詰める行為なのかもしれない。小さいころの私は宗教者が仕事であるという事実に・・・驚愕した時期があった。生きることを問い続けることを、生業とする意味がわからなかったのだ。今でも生きることを問い続けることは、人としての定めだと私は思っており、仕事だとすることについて違和感がある。ついついそんなことまで思い出させてしまう、夏の終わりは様々なことを私に問いかける時期かもしれないと思っている。

| 生きること | 12:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT