FC2ブログ

丸尾焼窯元日記

熊本県天草市にある丸尾焼という窯元の窯元日記です。陶芸に興味のある方はチェックすると面白いかも・

2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

レノボタブレット

 レノボの8インチタブレットを使っている。以前はGALAXYtabを使っていたが、3年使ったので機種変更したのだ。購入価格2万8千円。GALAXYtabから比べてもタブレットの進化は著しい。およそ4ヶ月間使っているが、コンピューターを起動することがめっきり減ってしまった。電脳的に行う作業の9割はタブレットで十分というのが今の私の結論だ。恐らくこれから先はコンピューターではなく日常使うツールとしては、タブレットが主流になると断言できる。

 もっとも、現在ファブレットと言われる、画面が一回り小さいツールも登場している。ぎりぎり手で持てる大きさで、電話も不格好ではあるが何とか使うことが出来る。私はXperiaを3年半・・・携帯電話として使ったので、6月には機種変更しようと思っているが、タブレットにするか、ファブレットにするか、それともスマートフォンにするかで迷っている。常時携帯する電話は現代の印籠だと思う。それ一つ持って出ればとりあえずは困ることがないツール。完璧なツールではないが、とりあえず満足できるという機能が必要条件だ。だからテレビや電子的な決済システム等・・・必要ないと思えるような機能も付いていた方がいいと思う。

 携帯性がいいのはスマートフォン。利便性が高いのはタブレット。汎用に使えるのはファブレット。ポケットに入れていつも持ち歩くのであればスマートフォンなのだが、これ一台で全てをこなすことを考えれば、ファブレットの方が良いと思う。電話を受けることをあきらめ、掛かってきた電話に時間が空いた時間に掛けなおすと言うことであれば、タブレットの選択もあると思う。つまり常時持ち歩く携帯ツールをどう捉えるのかがツール選びのポイントになってくる。

 スマートフォンはかなり完成度が高まっていて機能自体はほぼ完成している。6月に機種変更すれば恐らく4年間は使い続けることになるだろう。これから4年間一番身近に使うツールだから、どれがベストチョイスなのかと考える。私の場合海に出ることも多い。防水機能も重要な要素だ。私はモバイルという概念がとても好きだ。モバイルとは・・・いつでも何処でも家にいるのと同じような環境を、外出先でもということだろう。そんな機能を包括的に持っているツールがどれなのか。自分自身の生き方に関わってくるテーマだと私は思っている。機種選択はモバイルの一番の楽しみなのだ。。。
スポンサーサイト



| 電脳嗜好 | 17:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |