FC2ブログ

丸尾焼窯元日記

熊本県天草市にある丸尾焼という窯元の窯元日記です。陶芸に興味のある方はチェックすると面白いかも・

2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

常に持ち歩くツールは現代の印籠だ。

 昨日はつぎに私が使おうと思っている、携帯ツールについて書いた。同時に携帯ツールは現代の印籠だと書いた。私が携帯ツールで一番重要だと考えているのはスケジュール管理だ。私がPIM・・・を使い始めた理由は、スケジュールをトリプルブッキングしたからだ。その当時は手帳にスケジュールを書いていたが、手帳を忘れて会議に出席しダブルブッキング。そのあと別の所で人に会いトリプルブッキング。とんでもない事態を招いてしまった。

 早速カシオの電子手帳を購入したが、これも基本的には手帳と同じで、常に持って出なければ意味をなさない。電子手帳は忘れることが多かった。常に持ち歩くツールは携帯電話だったので、携帯でスケジュール管理を行った。しかし・・・携帯のスケジュールは一覧性に乏しく、入力に手間が掛かったので、WindowsCEのモバイル機を使うようになった。Cassiopeia、sigmarion、アウトルックとの連携が出来たので、スケジュール管理は容易になったが、機材はどんどん大袈裟になっていった。

 Xperiaをスマートフォンとして使い始めたら、スケジュール管理については、グーグルで連携し完璧に出来るようになった。電話もメールも一緒なので何処へ行くにも持ち歩く・・・忘れる心配がない。SuicaやEdyのようなカード機能も付いているし、テレビやラジオ、ナビゲーションにも対応している。海で使うナビや速度計、方位系などとしても利用できる。勿論、文章も入力できるし、ファクスの受信も送信も出来る。外出先でPDFで送られてきた情報を確認することも出来るし、インターネットやメールは当たり前の機能だ。

 これ1つ持っていれば、最低限度のことは済ますことが出来るわけで、私が現代の印籠だと思う理由はここにある。いつでも持ち歩くツールに機能を出来るだけ詰め込んで、これ一つで殆どのことが出来るようにしておくと、ほかのツールを持ち歩かなくても良くなる。スマートフォンは機械の性能に関して言えばほぼ完成の域に達したと思う。新しい技術の変化はオーバースペックになるので、つぎに私が選ぶ機種は、今後4年間・・・常に私と一緒に身の回りに存在するツールということになる。印籠をして何が必要なのかを考える作業も楽しい行為なのだ。
スポンサーサイト



| 電脳嗜好 | 18:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |