FC2ブログ

丸尾焼窯元日記

熊本県天草市にある丸尾焼という窯元の窯元日記です。陶芸に興味のある方はチェックすると面白いかも・

2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

携帯ツールから見えてくる何か。。。

 昨日書いたが携帯の機種選びはすでに終わっている。SONYのXperiaの新機種を購入したいのだが、日本における発売日は未定とのこと。発売日が決まらない理由をネットで調べたら、部品の納入がはかばかしくないとあった。このクラスのスマートフォンはiPhoneとGALAXYの独壇場だ。この2機種がしのぎを削っている。全世界での生産個数が圧倒的で、部品業者の納品がこの二つの機種を最優先しているために、Xperiaの生産の見通しが立たないのだという。

 6月にドコモは携帯料金の大幅な見直しを行う。機種変更はそれ以降でと考えていたので、慌てるわけではないが、それでも新機種の発売時期が未だ決まらないとは・・・以前の日本では考えにくいことだ。もっともGALAXYが安泰かと言えばそうでもない。中国などで生産されるスマートフォンが、今年は世界を席巻し始めるのではないかと言われているからだ。GALAXYは製品のパフォーマンスに優れていたから世界中で売れたが、今年は性能的には少し劣るが、値段の安いスマートフォンが、大量に出るだろうと予測されている。

 私は現在レノボのyogaというタブレットを使っているが、価格が安く使いやすく、使用感が優れているので、非常に満足している。低価格でも満足できているというのは、製品自体が許容範囲に収まっているからだ。これくらいの品質の製品がスマートフォンで出てくれば、GALAXYといえども圧倒的な製品とはいえなくなると思う。勿論、GALAXYも高価格帯から低価格帯まで世界戦略を立てているはずだが、圧倒的な市場支配力を保てるかは判らない。

 対して日本のメーカーは面白い戦略を立ててきている。これからの日本型の戦略は日本に存在する産業資源を並列的に運用し、より高度な製品群を作る方向へ向かうのだと思う。原発の輸出やリニアモーターカーの輸出が取りざたされているが、火力発電や環境を改善するプラント等も、これからの日本にとって重要な輸出産業になっていくと思う。安倍首相は連休中も海外に出かけるようだが、そういった製品を売り込みに行くも目的ではないか。そう考えれば日本の突破口はそこにあるように思えてくる。そして、それは工業のみではなく、我々の仕事も同じかもしれないと思ったりするのだ。高度な文化的資源を複合して発信すること。工芸の未来もこのあたりにあるような気がしてならない。全く違う業種に我々の仕事のヒントがある。
スポンサーサイト



| 電脳嗜好 | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |