FC2ブログ

丸尾焼窯元日記

熊本県天草市にある丸尾焼という窯元の窯元日記です。陶芸に興味のある方はチェックすると面白いかも・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

危機管理・・・

 今日は今夏一番の気温かも知れない・・・・外を少しだけ歩いたが、朦朧とするような熱気に包まれた。最近は熱中症情報も速報で送られてくる。外であまり運動をしないように・・・と言った内容の配信だが、届いた瞬間に今日も暑くなるのだと。。。うんざりした気分になってしまう。最近のブッシュ配信は様々なものが送られてくるので、消化するだけでも一仕事だ。熊本震災以降・・・夜中でも配信があるように設定したので、雨が降っても風が吹いても、今日のように暑い日になっても、ほぼ正確な情報がスマートフォンとタブレットにほぼ同時に届く。いまだかって・・・一番恐ろしいのは地震なので、警報の音も最大にしている。もっとも最近は震度4以上の場合のみに届くように設定変更したので、以前とは比べようもないほど地震情報は少なくなっている。かわりと言っては変なのだが、最近は大雨と避難情報が頻発している。

 大雨に関する情報が一番多いのだが、どの程度の雨で警報が届くように設定するかが・・・とても難しいと感じている。地震に比べて大雨の情報はまだ少しタイムラグがある。一時間当たりの降水量と言うよりも、瞬間の降水量で情報が届くので、一時間に何度も大雨や避難情報が届くこともある。起きているときはそうでもないが、寝ている時は驚いて起きることも多い。このあたりは自分自身の最適値を探さなければならないと思うが、面倒くさがりの私は・・・・いまだ詳細に設定を変えることをしていない。危機管理のためのツールが無駄に無意味に警報を出し過ぎると、「オオカミ少年」情報になると思う。このあたりをどうするかは・・・危機に対しての社会知になるのではないかと思う。

 つまるところ、警報は何のために出すのかということに行き着くのだろう。身の危険が起きる場合のみ警報が聞こえてくるということが理想だとすれば、今の日常的な警報は必要ないのかも知れない。地震でいえば震度5以上の場合にのみ伝わればいいと思う。大雨の情報も記録的な大雨の時のみ伝わるようにしておけばと思う。避難情報は果たして必要だろうか。私のところはかなりしっかりした建物なので、よそに避難するということ自体あまり考えられない。台風についてもしっかりと対応した建物なので、普通の台風であればあまり慌てることもない。未曾有と言う場合のみ・・・警報が鳴るようにしておいてもいいのではないか。そういう思いも片方にはある。

 しかし、とも思う。情報は潤沢に持っていた方が、危機に対して有利に働くという考え方もある。警報の音をいくつかに設定してやれば、今身の回りに起こりつつある事態に、安心して対応できるのではないか。警報音の段階を細かく設定してやれば、今のように一律にドキドキすることも無くなると思う。遠くの危機の段階では小さな音で警報音が鳴り、少し近くになれば次の段階の音に変化する。さらに近くまで危機がやってきたら激しく音で知らせるといった、多段階で危機を知らせる設定にすれば、身構えることも少なくなってくるだろう。今のヤフーのシステムはとても優れたシステムだと思う。この優れたシステムを、どうやって自分の情報として利便性を高めていくのか・・・危機管理の中心テーマかもしれない。
スポンサーサイト

| 生きること | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maruoyakikamamoto.blog109.fc2.com/tb.php/736-a2a20469

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。