丸尾焼窯元日記

熊本県天草市にある丸尾焼という窯元の窯元日記です。陶芸に興味のある方はチェックすると面白いかも・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

29,000円で判ること


 Chromebookが届く。今日も大好きな電脳ツールのことを書くことになりそうだ。モットも今日はChromebookというより、日本の産業界全般に言える危ういポイントを書くことになりそうだ・・・というのも、今日届いたChromebookは新古品で税込み29,000円で購入した。税別だと26,500円くらいで購入したことになる。私が初めて購入したノートパソコンは定価で18万だったと記憶している。まだカラー画面でもなく、画面が白黒のノートだった。それに加えてプリンターも同時購入したので、総額25万円程度支払ったと記憶している。私が現在日常的に使っているyogatablet8は18,000円。今日到着予定のChromebookは税込み29,000円。2台足しても5万円に満たない。日常使う電脳ツールがこの程度の値段で販売されているわけだ。この低価格競争という事態に一番困っているのは・・・日本企業ではないか。かって日本のメーカーは・・・・最先端の商品を量産し世界を席巻していたが、今はどの企業も落日の気配が漂っている。

 私がコンピューターを初めて購入した時・・・1台売ると周辺機器を含め約25万円から30万円。それが今では1台販売して18,000円。10台売っても18万。。。。おそらく日本の企業はこの値段で商品を販売して、利益が出る方法や意義を見つけていないと思う。つまり、日本は先進国だから、電脳ツールについても・・・比較的高価なものが売れる。日本人にとっては3万円のパソコンと言われれば、何となく胡散臭いイメージがあると思う。世界の主流はとうの昔に3万円のtabletに移行しているのに対し、日本の企業は7万円のtabletを後生大事に販売している。良い商品だから高くても売れる・・・この考え方が日本企業の主流なのだ。日本には1億人の市場が存在する。しかし世界には50億を越える人が生きていて、彼らにとって18,000円と70,000円とでは、全く違った買い物になる。日本の企業はそこを見誤ったのではないか。というよりも・・・日本の世界戦略そのものが、他の国とは全く違ったものではないか。よく日本はガラパゴス化していると言われるが、世界と比べ基準そのものが違うのではないかと思ったりする。

 私はこれからの日本は、このようなガラパゴス商談が頻発するのではないかと考えている。かって日本が世界を席捲していた時は、日本の標準が世界の標準であったのかもしれない。しかし、今では世界の範囲が相当違っているのではないか。VAIOがカラフルな新しい機種を出した10万円以上で販売するらしい。もちろん10万というのは一番安い機種だから、標準的な装備を備えれば15万から20万近くまでの価格となるだろう。スポット的には人気が出るかもしれないが、世界に打って出ることのできる値段なのだろうか。今の日本には世界に打って出て勝負をかけようという・・・・精神が欠けているように思えてならない。一つの兆しとしてはアップルが売れなくなりつつあるという報道を聞くようになった。アップルは今まで自分の会社では製造ぜず、ほぼすべての商品を外注してきた会社だ。製品が売れていた時には収益が上がるだろうが、一旦、売上が止まってしまうと大きな痛手を被ることもあるらしい。今からの経営者は何を作り売っていくのかが・・・腕の見せ所だと思う。もっとも・・・そんな腕のある経営者が日本にどれだけ存在するのか。。。。

 世界は今から先も、賃金の安いところでの生産が主流になっていくのだろうか。携帯電話などは韓国や中国が強いようだが、日の国々は賃金が高くなっても雇用を維持することができるのだろうか。すでに韓国も中国も・・・賃金がそれ途上国と比べて高くなっていると聞く 。韓国も中国もすでに人件費だけで対抗できる状態では無くなりつつあるらしい。雇用の移転がどのような形で行われるのか想像もつかないが、日本に関しても再浮揚できるような工業の再編成が必要だろう。私自身3万円を切る電脳ツールを何の不満もなく使い続けている。世界の人々が何に軍配を上げるのか・・・判りきっている気もするが。それが目前に迫っているのであれば、これからの日本の産業は、血のにじむような努力を積み重ねる必要があると思う。勿論、それ以前に・・・日本の工業が・・・何処へ行こうとしているのかも、しっかりと考えなければならない。29,000円の電脳ツールから世界が垣間見える。今はそういう時代なのだと感じている。
スポンサーサイト

| 電脳嗜好 | 19:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maruoyakikamamoto.blog109.fc2.com/tb.php/753-78c5f4e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。