丸尾焼窯元日記

熊本県天草市にある丸尾焼という窯元の窯元日記です。陶芸に興味のある方はチェックすると面白いかも・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

秋が来た。

 朝、2階の自室を出ると、昨日までは熱気が上がってきていたのに、今日は冷たい空気が漂っていた。夏の終わりを数日前から感じていたが、今日はしっかり秋を感じる空気感で・・・夏が終わり秋が訪れる気配が漂っていた。工房に降りても北から吹く風が強く、汗一つかかない。あんなに暑かった日々が、嘘だったのではないかというくらいに、秋の気配が濃厚に漂っている。今日の風の強さは台風の影響でしょうかと・・・私に聞いた人がいた。迷走台風からかなり離れているので、この風は別の理由ではないかと思うが、本当のところは判らない。工房のエアコンを付けようと全く思わないので・・・今日の気温は昨日と比べて相当下がっているように思う。私は基本的には暑さより寒さのほうが気にならない。秋の訪れは待望なのだが、寒さに弱い妻にとっては秋を通り越し、冬の寒さを予感するような一日かもしれない。

 暑さや寒さの転換点では様々な思いが去来する。季節にはそれぞれに人毎の思いがある。夏が終わると、秋がやってくると感じる人もいるだろうし、今からどんどん寒くなると感じる人もいる。それぞれの思いがあるから、今日のように明らかな変化を感じた時・・・人々の思いも様々なのだろう。実際にはお盆を過ぎたあたりから、夏の盛りを過ぎたという気配は漂い始めていた。しかしそれは兆してあり気配だった。今日は秋が来たという感じ。季節の転換は一気にやってくるということが、明確にわかる朝だった。関東や東北地方に・・・明日には迷走台風が上陸すると報道されている。大きな被害が出ないことを祈るばかりだ。

 午後より掲載する広告の最終校正。今日の朝突然舞い込んできた話で、本来ならば断る仕事だ。午後1時よりデザイナーに大雑把な指示を与えて泥縄的な修正を行う。ある程度全体の流れができていたから、いくつか不要なものを削り取り、必要な物を加えたら・・・思いの外すっきりとしたものが出来上がった。校了時間が迫っていたので、ディテールの修正を再度指示して校正終了した。全体として考えればうまく進んだと思う。朝連絡が入り・・・二時半に校了したのだから、まあ、完全なものではないかもしれないが、文句を言われれも・・・ベストは尽くしたと言い切ることができる。自分は自分以上ではなく、自分以下でもないのだから、その時々・・・ベストを尽くせばいいというのが、このところの私の思想でもある。負け惜しみかも知れないが・・・

 校了のあと、窯元日記を書いている。時間は30分。月曜日にもかかわらず、やや・・・ハードワークだったので、今ひとつ文章の入力に手間取っている。不思議なもので疲れていても文章がスラスラ浮かんでくる時と、何を書けばいいのかと思い悩む時が私にはある。今日は現実の世界ではスラスラと指示をだすことができたが、文章を書くことに関しては、戸惑い気味に時間が過ぎているようだ。日記を昼間に書いている理由は・・・夜は酒を飲みたいからで、なんとか早く文章を書き上げて宿題を済ませたいからだ。昼から少し気温が上がっているが、工房のみんなもエアコンをつけようとはいわない。吹く風がいつもより冷たくて必要を認めないからだろう。夏は過ぎ・・・秋が来る。そんな気配が濃厚に漂っている。天高く在りたいと思う今日このごろ。。。秋空を眺めながらそんなことを考えている。
スポンサーサイト

| 雑記 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maruoyakikamamoto.blog109.fc2.com/tb.php/765-08f23836

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。