FC2ブログ

丸尾焼窯元日記

熊本県天草市にある丸尾焼という窯元の窯元日記です。陶芸に興味のある方はチェックすると面白いかも・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

39年前の私に伝えたいこと

 僕・・・不満です。この言葉は私のところで修業を始めた、18歳の弟子が私に言った言葉。修業一年目の秋にそう言ってきた。雑用ばかりやらされたので、こう言ったと思うが。何処が間違っているのか・・・私は多重間違いだと思っている。第1の間違いは修業とはそう云うものであるという認識が欠けていること。第2の間違いはそれを私にいってきたこと。もっとも間違いは殆どの場合多重間違いなのだが。この場合は兄弟子にそう言って殴ってもらうのが正解です。
 金澤さん理不尽です。この言葉は22歳の青年が弟子入りした年に私に言った言葉。これは正しい言葉です。本人は間違っていますが、本当のことです。修業とは理不尽に思えるものなのです。しかし実際には極めて合理的なシステムです。そのことが判るのは、修業が終わった人のみです。残念なことですが。。。
 僕・・・器用ですよね。この言葉には思わず絶句しました。何という芳ばしい危険な言葉でしょうか。ひょっとして皆さんの中にも、こういった妄想を持っている人が居るのではないでしょうか。恐ろしいことですよ。ほんとうに恐ろしい妄想です。素人って本当に恐ろしい妄想を抱いてしまうものです。私は彼にお前が器用だと思ったことは、一瞬もないと正しい回答をしました。彼は何でですか・・・と喰い下がったので・・・私の弟子の範囲では器用だと思う辻口くんのところに行って・・・目を観ながら聞いてみろ。。。と答えました。断言します。彼は陶芸史に残る器用な人では絶対にありません。ココには居るかもしれませんが。

 上に上げた事例には、はっきりとした欠陥があります。職業観・歴史観・未来感がないのです。つまりは大局観に欠けた発言ということになります。皆さんは一番経験値が高い人でも、2年半の修業をした人というくらいです。徒弟制度でいえば、丁稚、見習いといったところです。このような研修の大きな問題点を指摘すると、それは丁稚程度の人しか居ないということです。本来の徒弟制度はピラミッドの形をしています。しかし、3年限りの研修では15人の2層と専科と言われる数人の人しか居ません。何故そうなっているのか?これも答えは簡単なことです。大学が4年制。大学院が2年制。その半分ですよね。徒弟学校はダメだと維新政府は考えたのです。その流れの中で半分でいいという結論付けされていると私は思っています。徒弟制度は数百年の歴史を持っています。対して近代の教育制度は、日本では百数十年の歴史しかありません。工人の教育システムとしてどちらが優れているか、私は徒弟制度のほうが優れていると考えています。販売を切り離しているところも大きな欠点です。例えばこの研修所に月間で一万個の注文があったとします。それだけで技量は飛躍的に向上します。合理性が高まるからです。かって存在した工房内の徒弟制度では生産量の増大という命題だけで、仕組みが出来上がっていました。それを再現するのです。出来た製品は海外に補助としてあげたらいいんです。売上は運営費に当てて、利益の一部は研修生に分配する。とても腕が上がりますよ。

 今日のテーマは39年前の私に伝えたいこととしています。省みて私に伝えたい事は、どんな自分になりたいのかをしっかりと考えておけということです。人生は一度きりしか無いのだから、自分のなりたい自分を目指せと伝えたい。そのためには目標を書いてみろ。それを成就するためには何が必要なのかを考えろ。陶芸家になろうと思うのであれば、自分の出せるありったけの金を出して最も好きな作家の作品を買え。そこがお前の原点になるんだ。買った作品は毎日使え。そして次の買うべき作品の目標を決めろ。自分が住むべき環境と生きるべき周囲を作れ。理想の環境を作ったら、そこにあるべき作品が見えてくる。自分の職業についても常に考えを巡らせ。職業は人を作るのだから、自らの職業に誇りを持て。歴史を学び考察しろ。全てには因果がある。因果が考察できれば・・・今からがわかってくる。このことを肝に銘じて進んで行け。と伝えたいと思います。
スポンサーサイト

| 陶芸 | 11:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maruoyakikamamoto.blog109.fc2.com/tb.php/778-67718e26

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。