FC2ブログ

丸尾焼窯元日記

熊本県天草市にある丸尾焼という窯元の窯元日記です。陶芸に興味のある方はチェックすると面白いかも・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パンフレット校正終了。

 とんでもなく忙しい日々がやっと一段落しようとしている。まだ落ち着いたわけではないが、取り敢えず息継ぐ暇もないような状況は、終わりを告げそうだ。忙しさの原因は天草大陶磁器展のパンフレットを作っていたこと。一月前には終わりたいと思っていたのだが、目標としていた日を少し過ぎて、ほぼ完成といえるところまで仕上がった。パンフレットには、基本的には陶磁器展の全てが入っていなければならない。あれもこれも年ごと企画を進めていくうちにページ数も増え、それに連れて私がかかなければならない文章量が飛躍的に増えていく。陶芸展の全容がわかっているのは、私と事務局という状況なのだから、私の仕事量が増えるのもしかたがないことなのだ。

 加えて、今年は新しい企画も盛り沢山で、特別企画のフライヤーを作ったりしたので、文章や写真が新たに必要になり、その度にいろいろと細かい指示を出さなければならなかったので・・・テンヤワンヤの状態が続いた。自画自賛するわけではないが、終わってみればよく頑張ったと、自分を褒めてやりたいとさえ思う。もっともまだ校了というところまでは至っていないので、まだまだ気を抜く訳にはいかないが、私が書くべき原稿や私が指示をだすべき箇所などはほぼ終えることが出来て、アトは出来上がってくる印刷前の段階。資料の最終チェックというところまでたどり着いたところだ。

 文章を書くことが嫌いではないので、こういうことも比較的出来るのだと思う。毎月1つ2つはダイレクトメールを作ったりしているから、構成自体さほど苦にならない。慣れということもあるだろうが、アトから考えると膨大に思えることに関しても、さほど気後れしない。なれない人が同じことをやるとすれば、恐らく3倍の時間がかかると思うくらいの量の仕上げを行うことが出来た。正直一段落してホッとしているのだが、これからはモノを作ることに専念していかなければならないので、それはそれで新たな挑戦というような気持ちを持って、進んでいかなければならない。

 今年はいろいろと話すことが多くなりそうだ。大陶磁器展に訪れる人達と、しっかり話をしたいと願っていたのだが、今年はその思いが叶い沢山の人達と話をする機会を設けた。今までの経験では一人の人とじっくり話ができるための準備時間は、一人につき6日間の準備が必要だ。その人の背景となる仕事の歴史を調べ、気になる点を書き出し、仕事の背景と問題点を探る。あまり骨格を作り過ぎると、逆に話が堅苦しくなりすぎるので、砕けるためにはどうするのかいいのかを検討する。今回は多くの人が話を聞きに来ると思うので、来場者のわかりやすさも考えなければならない。一段落したと思ったら・・・目の前に二段目が存在していたというところだろうか。陶磁器展まであとおよそ26日。しっかりと準備を進めておきたいと思う。
スポンサーサイト

| 陶芸 | 13:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maruoyakikamamoto.blog109.fc2.com/tb.php/780-be782914

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。