丸尾焼窯元日記

熊本県天草市にある丸尾焼という窯元の窯元日記です。陶芸に興味のある方はチェックすると面白いかも・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天草大陶磁器展終了

 天草大陶磁器展が無事に終了した。今年は会期中晴天に恵まれ、過去最高の入場者を記録した。今年の陶磁器展は充実していたと思う。天気が良かったことで人出が多かった。天気が悪いからといって人出が悪いというわけでもないのだが、秋の晴天が6日間続いたのだからどこかに出かけようという思いは強くなる。おかげで一日5000人の入場者があった日があり、その日がいろいろな意味での頂点だった。おそらくこれから以降、今回のように天気に恵まれることはないと思われるほどに雲1つない日が会期中続いた。会期が終了した途端に天気が悪くなって、その点でも今年の陶芸展は恵まれていたと思う。

 私自身は今年の陶芸展ではいろいろな人と話をしたいと考えていて。うまく話せたところと今ひとつ足らなかった部分があるが、全体的に見ればスムーズに話をすることが出来たので合格点だと思う。どの人との話も楽しかった。今自分が考えていることと、私以外の人が考えていること。どれだけ共有出来るかは話してみなければわからない。話してみればそれぞれに違っているところなども存在していて、それも含めて充実した時間を持つことが出来た。今回も全てビデオに収めたので後から再度検証することができるので、それも楽しみにしている。

 珈琲については色々と準備ができていた。今年も大坊さんに来ていただいたので、今年も二日間で100名の人に大坊珈琲を楽しんでもらうことが出来た。一日50人 一人2杯。一日に100杯のコーヒーを出すことは、さぞや大変だったろうと思う。二日間で200杯。遠くは東京より飲みに来る人が居たりして、大坊珈琲の人気にあらためて驚かされた。キムさんも二日間で100杯のコーヒーを出してくれた。キムさんは女性から絶大な人気があり、女性陣がキムさんの入れた珈琲を楽しんでいたのが印象的だった。

 終わってみればあれもやりたかった、これもやりたかったと思うことばかりで、次の展開について思いを巡らし始めているが、天候や日程的に考えればこれ以上のことは出来ないかもしれないと思ったりしている。なんだかんだ言いながらも、今年の天草大陶磁器展の空の晴れ具合は、特筆モノで・・・こんな天気に恵まれることは二度とないような気もしている。はじめよければ全て良し、終わりよければすべてよし、天気良ければ全て良し・・・そんなことが積み重なって6日間だった。私だけの感想ではなく皆がそんな感慨を持った陶芸展だったように思う。疲れたけれど充実感も強い一週間だった。
スポンサーサイト

| 陶芸 | 15:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maruoyakikamamoto.blog109.fc2.com/tb.php/792-bec796ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。