丸尾焼窯元日記

熊本県天草市にある丸尾焼という窯元の窯元日記です。陶芸に興味のある方はチェックすると面白いかも・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

修業はブラックなのだ。

 工芸という仕事は全て明治以前に骨格が作り上げられている。およそ700年前に成立したと言われている仕事だ。この仕事をつぶさに観察すると、現代とは相容れない部分がたくさん存在することに気がつく。工芸の職業習得のやり方一つとっても、徒弟制度・・・これが工芸家の職業習得の基本だった。この仕組は今の時代ではブラックと言われたりする。つまり、徒弟制度は現代におけるブラックな仕事なのだ。過剰な残業時間が話題になっているが、技術習得のためには過剰な仕事をこなす必要がある。手職の場合。。。技術を向上させるためには、過剰と思われる仕事を与える必要がある。例えば湯のみを200個作るように数を求めた場合、言われた当初は翌日の朝方まで時間が掛かったりする。この時間をブラックと考えるのか、技術を習得するための特別な時間と考えるかで、技術の向上は格段に違ってくる。最初の日に午前3時までかかったとしても、翌日には午前1時半位には仕事を終えることができるようになるのだ。最短でノルマを達成できるようにするには、ある程度の無理をする必要があるという立場に、私は立っている。

 これをしなければどうなるか・・・結論を書けば、いつまでたっても数をこなすことが出来ないまま、時間だけが過ぎていくことになる。仕事の効率を上げるためには、ある程度の負荷を与えなければならないことが多い。それがブラックだとすれば、手職に限っていえば、ブラックが悪いとはとても思えない。例えば・・・それは修行時のことではあるが、仕事を早く覚えるために、親方と弟子のような職制が一番効率が良いのではないか。700年も続いた制度はそれなりに合理性があると私は思っている。もちろん、ある程度の技術が身に付いたあとまで、長時間の仕事をという訳ではなく、あくまでも仕事の技術を習得する期間という前提での話なのだが。現代においては、この事について理解してくれる人が少ないように思う。今年の陶芸展のパネルディスカッションのテーマの一つは、身一つについて考えるだった。自分の手に技術を確立するまでは、それなりの厳しい徒弟教育(職業教育)が必要だと私は思っている。

 大学教育でも、修士や博士課程の人達は修業に近いような生活を送っている。企業でも一定以上の成果をあげようとすれば、やはり長い時間の拘束ということになるだろう。一日8時間一週5日間のみの仕事量で、画期的な成果を成し遂げることは難しいのではないか。特に競争相手がいる仕事の場合、人と同じ時間のみで対抗しようと考えるほうが無理があるように思う。陶芸の場合・・・個人経営のケースが多い。個人経営は、忙しい時には忙しく立ち働くことが原則だ。陶芸は人気商売でもある。お呼びがかかるということは次に繋がるということであり、次に繋がるっからこそ、仕事の継続ができるのだ。個人経営は自己責任が原則だから、作品に人気がある時には、無理しても仕事をするのが、一般的な陶芸家の矜持である。仕事をする時間を決められて、それ以上仕事をすることが悪と捉えられかねられない現代に、違和感を持つのは私だけなのだろうか。

 もちろん、私は全ての人に対していっているわけではない。1日8時間1週5時間で過ごしたいという人も、沢山いるだろう。中にはもっと少ない時間で済ませたいと思う人もいるに違いない。要は人生についてどう考えるかということなのだと思う。仕事を中心にした人生を希望する人もいるだろうし、日常を大切にしたい人も多いと思う。どちらがいいわけではなく、どちらが悪いわけでもない。陶芸家として考えれば、仕事中心にしたほうが実りが多いというだけのことだと思う。若いうちに厳しい修行を行い。年をとるに従って自分の好きな方向へ進んでゆく。己の欲するところを目指すためには、やはりある程度の技術がなければならないと考えるのが、陶芸家の一般的な考えだと私は思うのだが。。。アベレージというところに仕事を押し込んでしまえば、平均しか作れなくなるのではないか。平均は面白いのか。平均は素晴らしいのか。そんなことを考えている。
スポンサーサイト

| 陶芸 | 17:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maruoyakikamamoto.blog109.fc2.com/tb.php/794-546523b4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。