FC2ブログ

丸尾焼窯元日記

熊本県天草市にある丸尾焼という窯元の窯元日記です。陶芸に興味のある方はチェックすると面白いかも・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バッグ考 再びバックを考える

 昨日に引き続きバッグについて考えてみたい。今年の天草大陶磁器店のパネルディスカッションのテーマの一つが、身ひとつをつ考えるだった。身一つとは体以外に何も持たない状態を指す。身につけた技術一つで浮世を過ごす。。。能楽をはじめ、長く続いた職業の基本は ・・・そこにあるのではないかということが、テーマとして身ひとつを選択した理由だ。もちろん、それは、職業的な意味での技術を得るためにどれだけ努力をするかを、検証するためのディスカッションだったが、何がしかの技術を身につけるための修業は、様々な要素があり、時にシンプルであり時には複雑な過程を経て、一人前になるということが薄っすらと見えてきた。例えば陶芸の場合は『小物を作ったら、大物を作らせろ』という意味の言葉がある。小さいものばかり作らせると、スケール感が偏ってしまい、土の本質を見失いがちになるので、小さいものがある程度出来るようになれば、次は大きい作品に挑ませたほうが、技術が身につくということだ。

 私は物事の本質は呼吸ではないかと考えている。おそらく宇宙は呼吸しているような律動なので、それに呼応する形で森羅万象は存在するのだろう。人間の分際で考え過ぎると頭が変になるので、それ以上深く考えないことにしているが、私は物事の本質は呼吸だと・・・満ち干きだと確信している。身ひとつの周辺が何かと問われれば、身の回りだろう。身の回りも実際には様々な要素で取り囲まれている。私の身の回りの一番小さな構成は、小さな財布とスマートフォンだ。これだけ持って出れば浮世で決定的に困ることはない。小さな財布と書いたが実際にはキーケースを改造したもので、名刺とカード2枚と1万円札(5千円の時もあるが・・・)と小銭入れとが一緒になっているものだ。スマートフォンは3年近く前の機種で、不自由ないので使い続けている。どっちが重要かといえば財布が重要だと思う。しかし財布とスマートフォン、この2つは身の回りから外すことが殆ど無いので判断は難しい。

 バッグは財布とスマートフォン以外の、重要なものを持ち歩くための装備だと考えれば検討しやすい。よくよく考えれば財布とスマートフォンさえ持っていれば・・・さほど困ることはない。私の日常は会議に出るくらいしか、外に出ることはないので、市内の外出においてはそれだけあれば十分だ。そこまで考えると・・・天草に居る限りはバックを持ち歩く必要がなくなる。私は比較的バックを持ち歩くことが多い。理由を考えてみと、あると便利だと思い込んでいるからだ。使うことがあるだろうと、ぎっしりツールの詰まった重いバッグを持ち歩いている。しかし、冷静に考えてみると、このバックは本当に必要なのだろうか? どうやら天草に居る限りバックを持ち歩く必然がなさそうだ。持ち歩くとすればポシェットで充分だろう。天草以外に行く時にも1泊2日程度の外出であれば、今使っているバックで充分だ。ツールも一年使わなかったものは不要だと思う。持ち歩くものを見直し取捨すれば良いのだ。

 シンプルイズベスト。そう考えるようになってきているのは、歳をとったからだと思う。身の回りをどうするのか。このことはとても重要な課題だと思う。本当に必要なモノは何なのか。何が必要で、何が不要なのか。快適はどのあたりに存在するのか。身ひとつに加えて考えなければならないことは、身の回りのこと。小さいことだと思うが、世界の政治のことも重要ではあるが、身の回りの小さなことを考えることも重要だ。これも生きるという呼吸の一つなのだろう。身ひとつから始まり、身の回り、身の置き所、その先の風景。町、国、世界・・・宇宙。この連鎖こそが、実存なのかもしれないと思う。身ひとつの後に考えることはやはり身の回りのことなのだ。
スポンサーサイト

| 雑記 | 11:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://maruoyakikamamoto.blog109.fc2.com/tb.php/799-0749d7d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。